来年1月に始まる予定だそうです「出国税」

2019年1月7日から、国際観光旅客税(いわゆる出国税)は、日本人を含む出国者に対して、出国する航空や船舶のチケット代金に上乗せするなどの方法で徴収されることになるそうです。

出国税とは↓

政府が2018年の税制改正大綱に盛り込んだ「国際観光旅客税(仮称)」の創設。

2019年1月7日以後の出国に適用され、出国1回につき1,000円の予定。

集まった財源は、ストレスフリーな旅行を実現するための環境の整備、国内の魅力に関する情報入手の容易化、地域固有の文化や自然などを活用した観光資源整備を通じた体験・滞在の満足度向上につなげる施策に充てるとのこと。

そもそも、出国税は世界中で実施している国が多く、日本に出国税がなかったことの方が珍しいほどです。
徴収の方法は、出国時に現地で現地通貨で支払う国や前払い、事前に入国を申請する際に支払う方法や、航空券の価格に含まれる場合などさまざま。

とはいえ、なかったものがお金が急にかかるとなると、一円でもえぇ〜となってしまいますよね。

https://www.travelvoice.jp/20180802-114064