『未来創造シンポジウム』に参加して来ました!

本日(21日)、パルテノン多摩の小ホールで開催された
『未来創造シンポジウム』に参加(聴講)してきました!!

写真NGでしたので、様子を文章でお伝えさせていただきます。

この企画は、
多摩市、多摩大学、多摩信用金庫、京王電鉄(株)
の主催で開催された企画で

世界経済フォーラム「ヤング・グローバル・リーダーズ」を受賞された多摩市出身のお二人
出雲 充氏(株式会社ユーグレナ代表取締役社長)
小林 りん氏(学校法人ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン代表理事)
が登壇するイベントとなっておりました。

お二方とも著名な方で、ご自身でも書籍を出版されていらっしゃいます。

第一部は、お二方それぞれから45分づつの基調講演。

出雲氏は、大学生の頃に訪れたバングラディシュでの経験から、
栄養失調の子供達を救う為に、栄養価の高いミドリムシを培養して販売するまでのお話し、
小林氏は、高校生で海外に飛び出し、カナダ、メキシコ、フィリピンでの経験から、
チェンジメーカーを育成する為に教育に携わるまでのお話しをされていました。

お二人とも、特別な才能があった訳では無いと謙遜されていましたが、
お話しの中に出てくる、幼少期はお二方ともいい意味で変わった人なのでは・・・

出雲氏がおっしゃっていた、『快適な環境から出る』事、
『イノベーションは繰り返しの努力と科学的な知識』
という言葉であったり、

小林氏がおっしゃっていた、『楽観は意思

など、失敗や挫折を経験した上で、それを成功に導いたお二人だからこそ
説得力のある言葉ですよね。

第二部では、一般の参加者3名を代表にパネルディスカションが企画され

社会人の女性からは、子育てと仕事の両立は?
というWithCoにとっても関係する質問がされていました。

WithCoもそうだと感じている、
『こうゆう時代だからこそ、小さな組織が優秀な人材を確保できる。』
という出雲氏の発言には共感するところが沢山!!

なかなか、事業所内保育を実施できる企業は少ないと思いますが、
色々参考になるお話しがお二人から伺えました。

お二人とも多摩市出身という事もあって、非常にリラックスされた雰囲気の中、
お話しをしていただき、本当に有意義なシンポジウムだったようです。