えっ?妊婦が通院すると負担する妊婦加算って?

ネットの情報で知ったのですが、今年の4月から妊婦が外来として通院すると、妊婦加算という追加負担が掛かるそうです。

この少子化が叫ばれているご時世、妊婦というだけで、追加負担って中々理解出来ない制度ですよね?

少し調べてみたら、どんな診療でも(妊婦であるかに関係のない怪我などでも)、医師が妊婦である事を認識したら診療費用に加算されるそうです。
いや、ますます意味不明ですよね・・・

じゃ、妊娠している事を隠して受診したら?
もちろん、それは辞めてくださいね。
お薬の処方などがありますので、妊婦であるママ自身はもとより、赤ちゃんにも影響してしまう可能性があります。

でも、何の為の妊婦加算なのでしょうか?
本当に判らないですよね。

医療費の自己負担が3割の場合(殆どの方が3割だと思います)初診で約230円、再診で約110円が妊婦加算として支払額が増えるそうです。

妊婦の負担が増えっぱなしじゃ、悔しい!!
申告しないと貰えませんが、大抵、妊娠がわかったら、母子手帳と一緒に貰える妊婦健康診査受診票(補助券)を活用しましょう。

妊婦健康診査受診票(補助券)は、各市区町村役所の窓口で貰えます。あくまで補助券なので、全額補助に成らないのですが、少しでも出費の補助になると思います。

また、多摩市では妊婦さん向けに「妊婦歯科健康審査」も実施しています。
こちらは、定員制で各回20名(先着順)との事なので、たま広報を見て、日程を要チェックです!

それと、妊娠中は受診出来ませんが、妊娠を予定している方は
先日、このWithCo通信でもご紹介した「風しんの抗体検査と予防摂取」も受けられますので、どんどん活用しましょう!!

それにしても、妊婦加算、自治体レベルでなんとか低く抑えるか補助金制度とか作れないものでしょうか?