素敵ママにインタビュー 第3回 Nuinui tamama 常田 玲美さん

結婚・出産を経て、毎日の家事・育児に追われるママたち…
そんな中でも、素敵に輝くママにWithCoスタッフがインタビュー☆

第3弾は、3月27日にJUKI本社でも子供連れのミシン講座を開催された、Nuinui tamama 常田 玲美さんにお願いしました。

▪️今の活動を始めたきっかけ。

私が幼稚園生ぐらいの頃、母親が近所に住んでいる友達にトールペイントやパッチワークを習っていて…
そこがみんな子連れで、子供たちは遊びながら、母親たちは製作しているという感じでした。
そんな空間を自分もつくりたいと思いながら、洋裁をお友達にすこしづつ教えたりしている時に、縁あってWithCoスタッフさんに声をかけて頂き、本格的に講師をはじめました。

 

▪️ミシン(裁縫)と家庭の両立、困っていること。

娘が歩きはじめる前は、ミシンを出しっぱなしにすることも出来ましたし、日中おんぶしながらミシンがけすることも可能だったのですが…
現在2歳で、出していると自分もやると言ってきかないので、夜の短い時間に集中してやるしかない事ですかね。イベント前などは寝不足になりがちです。

 

▪️ご家族のバックアップは。
主人は好きなことをしな、と言ってくれます(が…いまいち理解してくれているのかなと。)
イベント前などの休日には、日中娘を連れ出して、私の作業の時間を確保してくれる時もあります。

私の実家が近いのですが、まだ働いていることもあり、なかなか頼れないので、一時保育を利用することも多いですね。

 

▪️子供がいるからこそ、気づけたこと。

気づけたことというか、変わったことというか…
子供が生まれてからは、やはり子供の時間に合わせないといけないので、自分の時間を確保するには、いかに効率良くできるかをすごく考えるようになりました。

あとは子供がいたことで、WithCoスタッフさんや他のハンドメイドママ作家さん…今までとは違う新しい出会いがたくさんあって、それがきっかけで今の活動ができるようになりました。その辺りは、娘に感謝ですね。

 

▪️今後、どのように活動していきたいか。
JUKIさんでのイベントもミシン初心者の方が多かったのですが、
そのような裁縫をやってみたいけれど、なかなかきっかけがない方に興味をもって頂ける企画をどんどんやっていきたいです。

また個人レッスンで小学生~中学生にも教えているのですが…そのぐらいって家庭科程度でじっくり裁縫をやる機会ってなかなか無いみたいで。なので親子で楽しめる企画もやりたいですね。

手芸仲間をどんどん増やしたいです!

JUKIさんでのイベントの様子

 

▪️子育て中のママにメッセージ。

私自身も子育て中の身なので…日々怒ったり悩んだりの毎日です。
そんな中イベントで、みなさんとおしゃべりしながら、裁縫をやることで、私自身もリフレッシュする時間を持たせて頂いています。
子育て中ママは、ママ業だけしかしちゃいけない訳じゃない。自分のための時間も大切だと感じています。

子供が騒いでも大丈夫、泣いてしまってもお互いさま。
ぜひ「ミシンを使ってみよう!」で裁縫をしながら、一緒に自分自身の時間を楽しんで頂ければと思います!

 

【常田玲美さんのプロフィール】

Nuinui tamama 常田 玲美
文化女子大学(現・文化学園大学)服装学部服装造形学科を卒業後、伊勢丹新宿店で紳士服のお直しの仕事に、10年近くたずさわる。
出産を機に、個人で、WithCoでの裁縫教室の開催や、洋服のお直し・オーダーなどを承っています。
☆裁縫教室、お直し・オーダーのお問い合わせは、nuinui.tamama@gmail.comまで。

WithCoにて5・6月『ミシンを使ってみよう!〜お子さま用じんべいづくり』開催予定。
詳細はWithCoホームページでもご案内させて頂きます。